インフルエンザより強力⁉︎アデノウイルスの脅威

子育て

この夏、家族内で4人、アデノウイルスにかかりました。

まだ我が家の中にこのウイルスはいそうですが…

今のところ夫だけ無事です。笑

 

名前を聞いたことはあったけど、どんな病気かはいまいち知らず。

かかってみて、とても勉強になりました。

 

人生、いくつになっても経験するって大事ですね。

アデノウイルスとは?

 

 

夏風邪の一種です。

  • 高熱が4〜5日続く
  • 目が充血する
  • 咽頭炎

この三つが主要な症状です。

全部の症状が出る場合もあれば、このうちいくつかしか症状が出ない場合もあるようです。

 

大流行はしないものの、かかると出席停止になるのでとてもやっかいです。

 

アデノウイルスに罹患したかどうかは病院で簡単な検査で調べることができます。

インフルエンザの検査のように、綿棒ですりすりと細胞をとって調べます。

アデノウイルスは喉からとるので、インフルエンザの鼻からとる検査よりは楽そうでした。

 

はじまりは長女の熱

 

雨だらけだったお盆が終わり、明日はやっと晴れるかな?と思っていたある夜。

 

わたし
わたし

そろそろお風呂に入っちゃってー

 

と声をかける。

 

夫と長男、次女はお風呂へ。

テーブルに突っ伏して動かない長女。

どうやら寝てしまったよう。

 

イスに座ったまま寝ていたので、

 

わたし
わたし

こんなとこで寝てたら危ないよー

 

って動かそうとしたら…

 

わたし
わたし

あれ!?なんだか熱い。

 

年中の娘、夜ご飯前に突然寝てしまう時はだいたい熱があります。笑

 

この時まだ37.4。

微熱でぐずぐずな娘。

お風呂はやめとこーかって娘を寝かせる。

 

1日目 高熱と嘔吐

 

21時には熱が39度まで上がりました。

風邪かなーと思いながら、起こされるのを見越して母も早めに就寝。

 

案の定…夜0時 嘔吐。

 

布団カバーオールチェンジ。

娘のパジャマもオールチェンジ。

 

眠い目をこすりながら汚れたものを予洗い。

 

わたし
わたし

また胃腸炎なっちゃったかなー

 

くらいにしか思っていませんでした。

 

ここから大変な日々がはじまるとは…

まだ知る由もありませんでした。

 

2日目 胃腸炎?続く高熱

 

朝起きたら、まだ熱が38度台。

胃腸炎の経験から、OS-1でちょっとずつ水分補給。

長女
長女

お腹すいたー

わたし
わたし

また吐いちゃうかもしれないからお昼までは我慢しようね。

 

と話す。

話を理解できるようになって、多少の我慢も覚えた4歳児。

 

病気の時は特に、

 

わたし
わたし

意思の疎通ができるっていいなぁー

成長したなぁー

 

と実感します。

そしてお昼、少し果物を食べて様子を見る。

 

熱は高いけど…

食べれてる!水分とれてる!大丈夫そうだ!

と判断。

 

夕方には37度まで下がり、顔色も良くなってきた。

夜ご飯はわりと普通に食べていて、

 

わたし
わたし

やっぱり胃腸炎だったのかな…

 

なーんて思っていたら…

下がったのもつかの間、寝る前にはまた39度に。

 

わたし
わたし

あれれ、胃腸炎じゃないのか!?

 

3日目 下がらない熱

 

この日は朝からずっと高熱。

平日であれば、小児科を受診したのですが、この日は日曜日。

 

解熱剤は家にあるし、救急外来に行くほどでもないと判断。

だけど体の調子がやっぱり悪いみたいで、泣いてずーっとぐずってる。

 

だるいから眠りたい。

だけど、熱が高すぎて眠れない様子…

高熱でいろんなところが痛いって泣く。

 

ここで解熱剤を使う。

それでも38度までしか下がらない。

熱が高すぎる。

 

でも本人は楽になったみたい。

解熱剤の効果もあってか、夜もよく眠っていました。

 

4日目 午前は下がり、午後から上がる

 

朝から小児科に行こうと思ってたもののなかなか起きない娘。

さすっても起きない娘。

 

結局11時まで寝てました。

よく眠ってスッキリした様子。

 

熱も37度。

 

ぐったりしていた昨日とは全然違って、元気いっぱい!!

 

わたし
わたし

元気になってよかったー!!

 

ホッと一安心。

 

なんだか大丈夫そうなので予約していた小児科をキャンセル。

この日はわりと機嫌良く過ごしていました。

 

もうすっかり回復に向かっているもんだと安心しきっていたら…

夕方からまた39度に。

 

わたし
わたし

「この子のカラダでいったい何が!?」

 

こんなに熱が続いたことがなかったので、かなりかなり焦りました。

5日目 小児科へ

 

幼稚園の夏休み明け、始業式の日でした。

終業式も熱で休んだ娘。

 

はじまりもまた欠席でした。

 

先生はとても心配していましたが…

当の本人はとゆうと

長女
長女

やったーやすめた♪

と喜んでいました。

 

朝には熱が下がっていたものの、昨日のこともあったので小児科へ。

血液検査をしてもらいました。

 

指先に針をチクっと刺して、血液を採ります。

とにかく泣いて暴れて大変なことになっていました。笑

 

血液検査の結果…

お医者さん
お医者さん

血液中の白血球とCRPの数値が高いなぁ。

なんらかの細菌感染からの風邪かな。

抗生物質のお薬だしとくね。

 

普通の風邪はウイルス感染によるものが多いそうで、ほとんどが自然治癒するようです。

それが細菌感染となると、抗生物質を飲まなくては良くならないとの説明を受けました。

 

かかりつけの小児科では、滅多に抗生物質を出されません。

いつもは漢方薬を処方してくれます。

抗生物質はなるべくなら使わない方がいいとする先生です。

その先生が、今回は抗生物質が必要と言うので、よっぽどのことなんだなと思いました。

 

お薬をもらい帰宅。

夕方また38度に。

 

長期戦を覚悟!!

しましたが、この日の21時には平熱に戻り、翌日も上がることはありませんでした。

 

娘はアデノウイルスとは診断を受けませんでした。

 

後から小児科の先生に言われた話ですが…

血液検査のあと、アデノの検査もしようかと思ったそうです。

でも娘があまりにも泣いていたのでやめたそうです。笑

 

長男の発熱

 

長女がやっとこ幼稚園に行き始めて、ホッとしたのもつかの間。

翌日、今度はお兄ちゃんが発熱。

 

朝から39度。

 

今週はずっとパートをお休みしていて、昨日やっと出勤。

だけど、またお休みです…

パート先に電話するのがとても憂鬱です。

毎度お腹が痛くなります。笑

 

朝から高熱でぐったりの長男。

 

わたし
わたし

娘と同じ細菌感染かな!?

即小児科へ。

 

1日目 アデノウイルスと診断

 

娘と同じく血液検査をするのかと思っていたら…

アデノウイルスの検査をしました。

 

お兄ちゃんは目が少し充血していたので。

綿棒でのどをくりくりするだけの検査。

 

妹から指に針を刺す検査の話を聞いていたお兄ちゃん、やらなかったので安堵の表情。笑

 

そして検査の結果、

アデノウイルス 陽性

 

あらら。

高熱が4~5日続くそうです。

だけど特効薬はないんだそうです。

自然治癒を待つしかないんだそうです。

 

小児科の先生、

お医者さん
お医者さん

妹ちゃんもアデノウイルスだったかもね。

ちょっとそうかな?って思ってたんだよね。

でも泣いててまた検査するのかわいそうだったからさー。

 

ってそんなもん!?笑

泣いてでもいいから検査してほしかったよ、先生。

そして、娘の抗生物質のお薬をやめていいよと言われました。笑

 

末娘にうつらないことを祈りながら帰宅。

 

2~4日目 39度の熱

 

4日間、38〜39度の熱が続きました。

 

体の節々が痛く、上がったり下がったりする熱がつらく…

泣いてぐずってばかりの毎日。

 

小学生になり、抱っこなんて全然していなかったのですが…

息子はここぞとばかりに甘えてきます。

母もここぞとばかりに甘えにこたえます。笑

 

息子とこんなにべったり過ごすのはいつぶりだろー

いつも妹2人のお兄ちゃんしてるからなー

抱っこするにも重い重い。

 

この成長がちょっと寂しくもあったり、うれしくもあったり。

たまにはべったり時間もいいもんですね。

 

今まで、風邪やインフルエンザで熱が高くても、解熱剤はあまり使わずにきました。

が、今回はあまりに高熱が続いて辛そうで、一日一回は坐薬を使いました。

 

親としては熱が下がった隙に、食べたり眠ったりと体力の回復をしてほしいのですが…

カラダが楽になり、ここぞとばかりに遊んでしまう。

日中に使うのは逆効果でした。笑

 

そして坐薬が切れた後、ぐぐっと上がり、それがまた辛そうでした。

なので坐薬は夜、寝る前のみとしていました。

 

5日目 再び小児科へ

 

熱が少し落ち着いた頃、鼻水がきついと訴えてきます。

鼻水を出したいのに出ないよう。

 

母は目の充血が気になる。

昨日より酷くなってないかい?

 

本人は目は診てもらいたくないらしい。

鼻水を口実に小児科へ。

 

やはり先生も目の症状が結構でてきてるねと。

鼻水の薬と目薬を処方してもらう。

 

熱が下がったら学校に行けると言われていたのが…

目の症状が落ち着いて2日経ってからに変更。笑

 

今週もパートは絶望的です。

 

6日目 目の症状が落ち着く

 

昨日、小児科でもらった点眼薬をつけていたら、一気に症状が落ち着きました。

 

ずっと続いた熱からも解放され、少しづつ食欲も出てきました。

でも熱と戦ったカラダはだいぶ疲れているようで、よく昼寝をしていました。

 

目の症状が落ち着いたので、明日・明後日お休みしたらやっと学校に行けます。

 

約一週間、学校をおやすみしました。

 

大人もうつります

 

息子の症状が良くなり、

 

わたし
わたし

あと2日で学校いけるねー!!

 

と喜んだのもつかの間…

 

今度は私が発熱。

なんだか寒気が…

 

わたし
わたし

うそでしょ…

まぁ、早く寝れば大丈夫でしょ!治るでしょ!

 

と言い聞かせて、早めの就寝…

次の日に38度超え。

 

38度を超えて辛いはずなのに、前日によく眠りすぎて昼寝できない!!笑

 

わたし
わたし

あー、寝たいよ。

寝たいのに寝れないよ…

ツラスギルヨ…

 

その横でぐっすり眠る息子。

いいなぁ…うらやましかった。笑

 

私の場合は

  • 37~38度の熱
  • ガンガンくる頭痛
  • のどの痛み
  • 倦怠感
  • 熱が下がるころに目の充血

こんな症状がありました。

 

熱の上がり下がりがものすごく激しくて、

寒いと思ったら、すぐ暑くなる。

暑い思ったら、またすぐ寒くなる。

この繰り返しが結構つらかったです。

 

起き上がると頭がガンガン。

トイレ以外はほぼ寝たきりでした。

 

幸いにも夫が休みだったのでたっぷり休ませてもらいました。

 

ちなみに…

病院へは行かず、自宅でとにかくゴロゴロしてました。

行ったところで特効薬はありませんしね。

なのでアデノウイルスの診断を受けたわけではありません。

ですが長男と似た症状が多々あったので私もアデノウイルスだったと思っています。

 

ゴロゴロしてたら自然治癒しました。

やっぱり末娘も…

 

 

誰かが発熱したら、

 

わたし
わたし

あんまり近づかないでよー!!

 

と注意するのですが、

長男
長男

わかったー!!

と言いながらも、なぜかいつも以上にくっついて過ごす子供たち。

 

わたし
わたし

こりゃうつるだろな。

 

と覚悟はしていましたが、やはり末娘にも感染してしまいました。

 

ですが!!!

目の充血のみで熱はでませんでした。

 

不幸中の幸いです。

上の二人は高熱が本当に辛そうだったので、熱が出ないだけでも良かったと思います。

 

眼科の受付でアデノウイルスかもと話すと即、別室へ。

私も一緒に診てもらい、点眼薬を処方してもらいました。

 

娘の目は次の日にはよくなりました。

 

症状がなくなってから2日の出席停止期間があります。

 

これが長い。

 

でも他の子にうつすわけにもいかないですからね…

引きこもりの日は続きます。

 

まとめ

 

長女の発熱から始まり、長男・母・次女とそれぞれに感染。

パートを約3週間も休んでしまいました。

 

アデノウイルスは予防接種がありません!!

そして熱の期間が長いです。

特効薬もないので、自然治癒するまで耐えるしかないのが辛いところでもあります。

 

最初にウイルスを持ち込んだと思われる長女は、夏休み中の幼稚園に行っていない間に罹患しました。

おでかけで人混みには行ったので、その時かなと。

 

『アデノウイルス』と聞いたことはあっても、よく知らなかったので、

 

わたし
わたし

本当にやっかいなウイルスだな…

 

と、かかってみて思いました。

 

8月のお盆明けからずーっと引きこもりしていたわが家。

インフルエンザ以外でこんなにも長く引きこもることになるとは思ってもいませんでした。

 

みなさまもお気を付けください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました