こんなはずじゃなかった…⁉︎薪ストーブにして後悔した話。

薪ストーブ

薪ストーブの現実

わが家の主暖房は夫の夢であった薪ストーブです。

家を建てる時、夫婦であれこれ相談して決めました。

私も大賛成!!でした。

 

↓薪ストーブにした理由はこちら

 

実際に薪ストーブで暮らしている方の話も聞きました。

みなさん薪ストーブに癒されながら暮らしているようで…

薪ストーブがあることで素敵に生活しているように思いました。

 

わたし
わたし

いいなぁ…
うらやましいなぁ…

 

と憧れ、夢を見続けた薪ストーブライフ。

 

がしかーし、いざ自分が薪ストーブ暮らしを始めてみると、

 

わたし
わたし
  • こんなはずじゃなかった!!
  • 知らなかった!!
  • 聞いてないよー!!

 

がでるわでるわ。盛りだくさん。

 

ただ私の覚悟が足りなかった…

あまりにも無知でした。笑

 

これから薪ストーブにしようか迷ってる方!

少しでも参考にしてもらえたらと思います。

 

休日問題

 

薪運びや薪割りで休日がつぶれます。

 

夫の休日=薪day

 

2シーズン分くらいは常に薪を確保しておきたいので、春は薪を運び、夏と秋は薪割り。

冬は薪を家に運び入れたり、焚きつけ作り。

薪中心の生活になります。

 

薪がないと冬の暖がとれなくなるわが家。

なによりも薪の確保が最優先。

 

子供たちがもう少し大きくなれば、休日は家族みんなで薪作業!!

いろいろお手伝いをお願いしたいのですが、今はまだまだ小さいのでお邪魔虫。笑

 

必然的に家族でのお出かけは、作業のできない雨の日になります。

本当に薪ストーブが好きじゃなければ続かないな…と夫を見ていて思います。

夫はかなり薪ストーブLOVEなので、そこまで苦ではないようです。

 

現に、

  • 割る時間がない
  • 作業が億劫

 

とゆう理由で薪ストーブから離れていく方もいます。

年がら年中、薪のことを考える生活。

慣れてしまえば、自然と生活の一部になるのですが…

慣れるまでが本当に本当に大変でした!!

 

趣味ではなく主暖房として薪ストーブを使うのであれば、相当な覚悟が必要です。

 

虫問題

 

冬になると、わが家では一週間分の薪を家の中に置きます。

家の中に薪を置くので、薪にくっついているたくさんの虫たちとも一緒に暮らします。

夏より冬の方が室内に虫がいます。笑

 

最初は気になって気になって…

コバエほいほいを置いたり、電撃タイプの虫捕りをつるしてみたり、試行錯誤。

 

(↓こうゆうのを薪棚の近くにぶらさげていました。結構捕獲できます。)

 

でも最初だけですね、キリないです。笑

 

今はあまり気にしなくなりました。

クモ、小虫、ハエ、トンボ、いろんな虫がいます。

あんまりにもたくさんいるので、わざわざ捕まえることもしなくなりました。

 

それでも、みそ汁やお茶に虫が浮かんでいるのを見つけると…

薪ストーブであることを悔やみます。笑

 

虫が嫌い、苦手な方にはちょっと大変かもしれません。

 

お金問題

 

 

三つ目、思った以上にお金がかかります。

まず薪割りの道具に関しては、初期投資がかなり…想定外でした。笑

 

薪割り道具に関して詳しくはこちら↓

 

  • チェーンソー
  • 丸鋸
  • ログラック

 

ざっと大きな出費を書き出しただけでもかるく10万円以上かかっているかと…

チェーンソーの刃や斧の柄の買い替え、ガソリン、道具とストーブのメンテナンス用品を購入。

ちょこちょこ出費は続きます。

 

薪ストーブで料理をすることが夢だったわが家。

ピザを焼く台、薪ストーブに入れられるフライパンなどなど料理道具を揃えるのにも結構かかりました。

 

節約したい!!と薪ストーブにしたはずが…

 

わたし
わたし

結構お金かかるな…

 

とゆうのが正直なところ。笑

夫婦のどちらかが薪ストーブに反対していたら、もめる出費の多さだと思います。

 

薪ストーブしかない問題

 

 

最後に、わが家ではなによりも

薪ストーブ以外に暖房をつけなかったこと

を後悔しています。

 

薪ストーブで暮らし始めてから、二度、妊娠と出産をしました。

お腹が大きくなってから、大きな薪を運ぶのが本当に大変でした。

産後も赤ちゃんの世話と上の子の世話、プラス薪ストーブを見るのは結構しんどかったです。

うっかりしてるとすぐ消えてしまいます。

 

今も5.3.1歳の3人の育児と家事。

ついつい薪を足すのを忘れてしまいます。

 

わたし
わたし

あー、ボタン一つで家があったかくなったらどんなに幸せだろう…

 

とパネルや床暖のお家をうらやましく思います。笑

 

主暖房のパネルや床暖があって、サブの暖房で薪ストーブにするのがよかったのかな…

とも思いますが、暖房設置のコストが2倍かかります。

薪ストーブを諦めていたと思います。

これでよかったんだとなんとか言い聞かせています。笑

 

↓補助暖房・ガスバーナーの購入でだいぶ負担が軽減されました。

番外編:ご近所問題

これはわが家で起きた問題ではありません。

幸いにも、わが家の周りは薪ストーブの家が多く、隣の家とも距離があります。

 

がしかし、これが普通の住宅街となるとトラブルになることもあるようです。

もし薪ストーブを考えているのなら、周りの住宅の状況をリサーチする必要があります。

 

  • 薪を焚いたときに出る臭いやすすで迷惑をかけないか
  • チェーンソーの音は大丈夫か

 

新築だったお家に、後からリフォームをして設置した薪ストーブ。

設置後すぐに、ご近所から臭いの苦情があり使えなくなったという話を耳にしました。

 

しっかりとした下調べが必要です。

ご近所に薪ストーブの家を見つけたら、実際に話を聞いてみるのも一つの手かもしれません。

 

まとめ

 

わが家も、もっともーっとちゃんと下調べをしていたら、こんなに後悔しなかったかもしれません。

知らないことが多すぎました。

 

優雅な生活、スローライフみたいのを想像していました。

 

わたし
わたし

あれ?なんかすごい大変。

思っていたのと違う…

 

と何度も何度も思いました。笑

 

特に子供が赤ちゃんの時は、子育てだけでいっぱいいっぱい。

それプラス、薪ストーブを見なくてはいけないのはかなりしんどかったです。

子供が泣きやまないだけでもストレスなのに、ストーブの火が消えていたらもう…

半泣きでした。

 

本気で薪ストーブと夫を恨みました。笑

 

今は、子供たちがストーブの火が消えそうになっていたら教えてくれます。

長男は少しづつですが、薪ストーブの掃除や火をつけるお手伝いを覚えているところです。

 

いろんな後悔がありましたが、結果としては

 

わたし
わたし

薪ストーブにしてよかった!!

 

と思っています。

慣れるまで数年かかりましたが。

 

今は薪ストーブと暮らすことが当たり前の生活になりました。

普通の暖房では感じられない火のある暖かさ。

本当にいいものです。

 

これから薪ストーブにしようかと思っている方の参考に少しでもなればいいなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました