そうめん箱リメイク*お手紙入れの作り方

DIY

2019年になりました

 

 

ってもう1月も半分が終わろうとしていますね。笑

月日が経つのは本当に早いです。

 

周りで、インフルエンザがとーっても流行っています。

寝正月だったよーとゆう人が多くいました。

あんまりにも周りでインフルエンザの話を聞くので、かなり警戒していました。

が、幸いにも、今シーズンは誰もかかっていないわが家です。

 

去年、こんな記事を書いたのですが…

 

今年はR1を買い溜めしてます。

週に2,3回家族全員で飲んでいます。

そのかいあってか?まだ誰も風邪をひいていません!!

成長して免疫がついたのもあると思います。

 

あとから一気にくるのかも…と覚悟はしています。

寒い日がまだまだ続くので油断はできませんね。

 

ちなみに、ヨーグルトもたまーに作っています。笑

もっと活用しなきゃと思っているところです。

 

プリント入れの作り方

 

 

さて、以前の記事で乗せた子供のプリント入れ。

 

空になったそうめん箱をリメイクしています。

簡単すぎて作り方を紹介するまでもないかもしれませんが…

どこかに需要があると信じて。笑

ざっくりご紹介します。

 

1.そうめんの空き箱を用意

 

そうめん以外にも、タオルやお茶漬けなども木箱入りのものをいただいたことがあります。

形がちょうどいいのがあれば、なんでもOKです。

 

※箱の四隅が釘で固定されているものが作業しやすいです。

 

 

2.一辺を外します

 

金づちでトントンして一辺を外します。

気が割れてしまわないように…慎重に。

 

※この時、接着剤がついているとうまく外れないかもしれません。

 

 

この箱は釘で止まっていたので、トントンしたら釘を抜きます。

 

 

ちなみに、今回作業に使った金づちはセリアのものです。

小さくて軽いです。

デリケートな作業にもってこい。

小物をDIYする時に大活躍。

 

はい、こんな感じで無事に外せました。

 

 

3.レイアウトしてみる

 

先ほど外した一辺を乗せてみます。

 

どうでしょう。

これだけでも十分な気もしますが、たまたまわが家にあった端材。

外した板とほぼ同じ薄さだったので、長さを揃えて並べてみました。

 

形が決まったら次の工程です。

 

4.好きな色で塗る

 

無塗装でもいいと思いますが、塗装をした方がより素敵に仕上がります。

※すでに塗装やコーティングのようなのがしてあると、うまく色が塗れないことがあります。

 

 

私はこんな色に塗ってみました。

使ったのがこちらの塗料です。

 

左:ワトコオイルのミディアムウォルナット。

わが家のDIYしたものはほぼワトコです。

大好きなワトコ♪

北三:ワトコオイル 1L ミディアムウォルナット W-12

右:セリアの水性塗料ブラック

水性塗料は扱いが楽ちん。

塗料まで100円。セリアさまさまです。

注:水で濡れるところには向いていません。

 

お好みでステンシルも

 

下手くそなんですが…

かっこよくしたいので、ステンシルがんばりました。

 

 

うまくいくか毎回ドキドキです。

 

 

5.釘で打つ

 

塗料がしっかり乾いたのを確認したら、最終工程です。

釘で打ちます。

 

重たいものを入れるわけではなければ、接着剤で貼り付けてもいいかと思います。

その場合、後々解体が難しくなることをお忘れなく!

 

はい、完成です♪

 

右下につけた黄色いプレートはダイソーのものです。

もともとは磁石付きでしたが、外して接着剤で貼りました。

ステンシルする時間がなければ、100均グッズを利用するのもありですね。

 

 

グリーンと合わせたら、洒落た感じに見えますよ。

 

ちなみにプリントの定番サイズであるA4が横向きには入りませんでした。

なので二つ折りにしてます。笑

 

まぁ入ればよし!

 

本当に簡単なので、この空き木箱どうしよう…と思ったらぜひチャレンジしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました