やっぱり北海道が好き

life

気がつけば8月も終わり。

今年の夏は本当に暑かった!!!

 

夏がこんなにも暑いと感じたのは何年ぶりだろう…

寝苦しい夜が続いたのは何年ぶりだろう…

半袖のパジャマが活躍したのはいつぶりだろう…笑

 

ここ数年、北海道には夏らしい夏がなかったので…

 

わたし
わたし

今年は夏の暑さをめいっぱい感じられて、なんだか嬉しかった!!

 

お盆を過ぎればもうすっかり秋モード。

朝晩は肌寒くて、掛布団なしでは寝られません。

ストーブの出番もすぐそこ!?

 

 

夏休みは東北へ…

 

chrisjmitによるPixabayからの画像 

 

今年の夏休み、東北にある夫の実家へ帰省しました。

いつも帰省は秋か冬なので、今回が初めての夏!!

 

お盆にお墓参りに行くことが今回の目的*

 

夏に北海道を出るのはわたしも子供たちも初めて。

 

夫

今年は北海道も暑いけど、これより暑いぞ…たぶん。

むこうは湿度が高いからな。

 

夫や友人からいろんな話を聞き、暑さは覚悟して行ったのですが…

 

わたし
わたし

こんなにも北海道と本州で違うんだ!!!

 

と様々な驚き・気づき、そして感動がありました!!

今回は…

初めて夏に本州に行った北海道民の話。笑

ご興味のある方お付き合いください。

 

到着してすぐ感じた空気感の違い

tookapicによるPixabayからの画像

今回は航空券代を少しでも安くするために、夜の便での帰省。

着いたのは午後8時。

 

預けていた荷物を受け取り、義父母と2年ぶりの再会。

子供たちも久しぶりにじーじとばーばに会えて、とーっても嬉しそう♪

 

そして駐車場へ。

空港を出た瞬間!!!

 

わたし
わたし

わーお!!これだ!!噂のやつ。

湿度高ーーっ!!

 

夜でも、空気がもわーんとしていて、逃げ場のない感じ。

東北と言えど、やっぱり本州。

すごい!!!全然違う。

北海道じゃない地に来たんだと実感。

 

飛行機でたった一時間。

こんなにも空気の違うところに来れちゃうことに感動。

本州ではクーラー必須の意味を知る

Daniel KirschによるPixabayからの画像 

到着した次の日はあいにくの雨。

雨で湿度が上がり、増す暑さ。

 

わたし
わたし

朝から暑いよ。

これ、昼にはどうなっちゃうんだろ…

 

と一人不安に思うのでした。笑

 

夫の実家にはクーラーがある部屋とない部屋があり、

  • 寝室  クーラー〇
  • 大広間 クーラー×

 

寝る時以外は、この大広間で過ごしていました。

ご飯を食べたりも大広間。

 

ここにあるのは扇風機一台。

ほんとに気休め程度。

汗がひたすらに流れる。

ご飯を食べたら、子供たちがわいわい遊びまわるおかげで室温がさらにアップ。笑

 

できるだけじーっとしていたい母。

暑さなんて全く関係なしの子供たち。

若さ・パワーがうらやましかった。笑

 

一方でクーラーのある寝室は涼しくて快適♪

一度入るともう出たくない。笑

この暑さで冷房なしは本当にきつい。

 

本州はクーラー必須!!

 

ニュースとかでなんとなーく見ていたけれど、

 

わたし
わたし

こりゃクーラーない家、大変だわ。

 

身をもって知ることができました。

 

室温バトル勃発!?

 

夜になっても一向に涼しくならない。

暑いまま。

 

お風呂に入ってさっぱりしても、すぐに暑さでだらだらと流れる汗。

子供たちはひたすら動きまわるから、大人以上に汗だく。

 

わたし
わたし

もう寝室で涼むしかない!!

寝るよー!!!

 

クーラーバッチリの寝室へ。そこは天国。

 

でも…

はじめはいいけど、だんだんと寒さが。

寝る前に、クーラーの室温をグンと上げる私。

 

夫

えっ!?28℃!?暑いって。

嘆く夫。

 

わたし
わたし

だって寒いんだもん。風邪ひくじゃん。

 

こちらも譲りません。笑

 

はじめの二晩は我慢していた夫。

三日目の夜は暑さに耐えられなくなったようで…

寝ているうちに勝手に室温を下げていました。笑

 

結果、私と二人の娘は鼻水だらだら。

 

わたし
わたし

だから言わんこっちゃない。

風邪ひいたじゃねーかよ。

どーしてくれるんじゃ。

 

ものすごーくイラっとしました。笑

 

ちょうど数日前にTVで芸能人夫婦が話してた。

クーラーの室温問題。

 

こりゃもめるわ!!笑

 

夏のレジャーを楽しめる

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

三日目は暑さに耐えきれず、大きなプールへ遊びに行きました。

 

開園30分後に到着。

すでに長蛇の列。

一瞬ひるみました。笑

だけど、水着を着こんでプールモード全開の子供たち。

 

わたし
わたし

よし、並んでみるか!!!

 

意を決して並びましたが、意外とすんなり入れました♪

 

子供が産まれてから水に入ることのなかった私。

数年ぶりのプール!!

知らない東北の地。

知り合いに会う心配がないからなんとか水着が着れました。笑

 

うだるような暑さ。

こんなにも暑いのにプールに入らないなんて損そーん。

 

わたし
わたし

水遊びするには暑いっていいな。

夏、最高!!

 

本州の夏、暑いからこそ水遊びがたーっぷり満喫できる。

北海道より長く楽しめる!!

うらやましいな。

 

車のナンバー

Thomas B.によるPixabayからの画像 

激込みのプールの駐車場。

ここにちょっと感動ポイントが。

車のナンバーに書かれたいろんな県名。

 

青森・秋田・岩手・山形・宮城…

東北はもちろん、関東・関西のナンバーもありました。

 

陸でつながっている本州。

いろんなところから来るんだな。

来れちゃうんだろうな!

 

いろんな県名のナンバーが並ぶのを見て一人、テンションが上がる私。笑

 

わたし
わたし

子供たちがもう少し大きくなったら帰省ついでに、本州のいろんな県に行ってみたいな♪

 

夫

いいね!!

キャンプしながらいろんなとこ行くか!!

車大きいの買わなきゃ。笑

 

数年後、実現出来たらいいな。

いや、実現させます!!!

 

北海道の人は泳げない人が多い?

 

北海道は本当に暑いと思っても、川や海は水が冷たい。

若い頃はちょっと我慢して入っていました。

最近はもう無理です。笑

そして夏も短いから、水遊びできる期間も短い。

 

そのせいなのか?

北海道の人は泳げない人が多いんだそうです。

二人に一人は泳げないそうです。

ちなみに義父談です。

 

たしかに私の周りは泳げない人が圧倒的に多い!!

家族も友達も、ついでに私も泳げません!!!笑

泳げる人はプールを習っていた人のみ。

 

プールを習っていなかったから自分は泳げないと思っていましたが…

夫も義父母もプールを習っていなかったけど、普通に泳げるそうです。

 

子供の頃、義父はひたすら海で泳いで遊んでいたと。

義母はひたすら川で泳いで遊んでたよと。

 

夫

なんか遊んでるうちに泳げるようになったけどな~

夫も自然と泳ぎを覚えたそうな。

泳げない人なんて周りにいなかったと口を揃えて言うんです。

泳げない私は夫ファミリーからすると珍しいようで、すごく驚かれました。笑

 

泳げないのは夏の短さのせい?

 

東北と言えど、やっぱり本州。

北海道と違ってすんごく暑い。

そして暑い期間も長い。

 

北海道は真夏でもびっくりするくらい水が冷たいけど、こっちは真夏はそこまで冷たくない。

だから川や海で遊ぶのは普通のこと。

 

ここで勝手に仮説を立てました。

 

水遊びできる期間が長くて、水温が高い東北。

逆に…

水遊びできる期間が短くて、水温が低い北海道。

 

水に触れる機会が少ない→泳げない人が多い

※個人の勝手な見解です。

この仮説により…

私が泳げないのは北海道の気候のためとゆうことが証明されました。笑

 

子供たちにプールを習わせるどうかずっと迷っていました。

 

夫

自然に泳げるようになるからプールは習わせなくてもいいよ。

 

わたし
わたし

自然に泳げるようにならなかったからプールを習わせたいな。

 

夫が自然と泳げるようになったのだから大丈夫かも!?

とゆう考えもありました。

ですが、今回の帰省で立てた勝手な仮説により、迷いは消えました!

 

わたし
わたし

やっぱりプールを習おう!!

 

習いたかった子供たちは大喜び。

夫も私の仮説で納得したようでした*笑

虫の種類

CouleurによるPixabayからの画像 

セミの鳴き声を聞くと、

 

わたし
わたし

あー、夏だなー

と実感します。

北海道でも今年はたくさんのセミが鳴いているなと思ってました。

 

でも本州はさらにさらにセミの声が多かった。

いろんな種類のセミが一斉に鳴いていて、圧巻でした。

 

帰省の前に夫と息子が、

 

夫

じーじの家の周りには蛍もいるし、オニヤンマもいるぞ!!

 

長男
長男

オニヤンマ!!!見たい!!捕まえたい!!

と男2人、盛り上がっていました。

 

息子はオニヤンマ。

私は蛍を楽しみにしていて。

だけど、蛍はここ数年で姿が見えなくなってしまったとのこと。残念。

 

オニヤンマもなかなか姿を見ることができなかったのですが…

最終日、今回の目的であるお墓参りに行った際に、突然飛んできて近くの草に。

息子は間近で見れて大興奮。

 

ご先祖様が様子を見に飛んできたのかな…

 

なーんて話もしながら北海道へ帰宅。

 

北海道の空気

Yuki MaoによるPixabayからの画像

帰りの飛行機の中で、

夫

北海道は涼しいといいね~

わたし
わたし

ほんと暑かったもんね。

同じくらい暑かったら泣くね!!笑

 

北海道が涼しいことだけを祈っていました。

 

無事に着陸して空港を出ると…

 

わたし
わたし

暑い!!けど、暑くない!

気持ちのいい暑さだねー♪

夫

やっぱり北海道だな!!

すっかり道民の夫。笑

 

からっとした北海道の空気は、暑くても清々しい。

夏はやっぱり北海道にいた方がいいねと満場一致。

 

まとめ

 

はじめは正直、

 

わたし
わたし

真夏に帰るなんて…暑いじゃん。

それに飛行機も船も一番高い時期にわざわざ…

 

なーんて思っていました。笑

 

夫の両親も夏はなんにもないし、暑いから秋においでと言っていました。

ちなみに秋は果物狩りができます♪

いつもそれを目的として帰っていました。

 

でも今回はどうしてもお盆にお墓参りがしたいとゆう夫の希望で夏の帰省となりました。

 

 

結果…

お盆にお墓参りができてよかった。

でも、やっぱり暑すぎた!!

今度から帰省は秋だね。

 

とゆう話になりました。笑

 

でもでも、今回の経験は、アラサーの私にとっては新鮮なことだらけで。

海一つ越えるだけで、こんなにも違う生活があるんだなって。

あまりの暑さに数年ぶりにプールに入っちゃったし。笑

夫が自然と泳げるようになったなぞも解けたし。

出先から帰った時の、義父母の家着へのチェンジの速さに驚いたり…

(暑いからすぐ肌着に。めちゃ早い。笑)

いろんな気づきと発見がありました。

 

そして、こんなにも夏が暑いと感じられたのは今回の帰省があったから。

 

わたし
わたし

今年の夏は夏を全身で感じられた!!!
暑かったけど楽しかった!!!!

やっぱり北海道が好き


cocoparisienneによるPixabayからの画像 

 

旅行から帰った時の安堵感がたまらなく好きです。

 

わたし
わたし

はー、帰ってきたー!!

落ち着くなー♪

やっぱりわが家が一番!!

 

そう心から思う瞬間。

たまらなく好きです。

この感じ、普段の生活じゃなかなか気づけないんです。

 

だけど数日家を空けて、帰ってくるとたまらなくわが家が愛おしく感じられる。

大事に暮らさなきゃなと思う。

 

そして、今回は北海道から出たとゆうこともあり…

 

わたし
わたし

やっぱり北海道が大好きだー♡

 

と改めて思いました。

来月また北海道を出るのですが…

今度はどんな発見と気づきがあるのか今から楽しみです*

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました